[HOME]  IT-Engineer IT技術者プログラマーのための情報サイト
Google
 
Web it-engineer.jp

■ 心と体の健康

幸せな人生を生きるためにはやっぱり健康が一番だと思います。

自分自身の経験
私は大学卒業後プログラマーとして数年間生きてきましたが、まだ甘いかもしれませんが波乱万丈だと思っています。

学生の頃は機械工学を専攻していて、そのまま製造業に進むつもりでした。しかし当時は不況で製造業の就職はきびしく、自分自身の成績も平凡で、しかも口下手で不器用な性格だったものだから面接で何社も続けて落ちまくりました。

その時、家でパソコンなんてものがやってきました。(たしかNECの9821だったかな)まだWindows3.1の時でインターネットなるものが出始めた頃でした。ワープロかゲームぐらいしかやったことがないでしたがIT業界が大きくなり始める感じがあって採用の口も結構あったので内定をもらうことができました。

最初入った会社は今でも某掲示板をにぎわせている表向きはりっぱなSI企業のグループ会社でした。でも就職が決まったということで大喜びでした。

プログラマーとして入ったものはいいが、何をどうしたらいいか分からず、大変でした。できる同期の人や先輩に聞きながらなんとかやってきました。この時勉強したVCとVBは後々とても役にたちました。今考えると自分はこの会社にしては運が良かったのかもしれません。その後入ってくる新人達の待遇とかを見るまでは。。。

約3年ほどこの会社にいました。親とかに石の上に3年。。。ってよく言われていたのでがんばったと思います。その間転々と職場が変わってどこかの会社に常駐してたり、本社の受託開発にまじったり、新人の教育係をしたりとしました。(新人といっても何十人もいて通常では考えられないような採用の人数でした)

パニック障害転職
あれこれとやってきたのはいいのですが、どの仕事も短い期間で変えられてしまうのでどうも身に付く技術がないなと感じてパッケージの開発販売をしている会社に転職しました。

転職の理由はそれだけではなく、一番はおかしな病気になってしまったことです。パソコンで作業している時に視界に人が見えるのがすごく気になってしまって全然集中できなくなってしまったのです。

後々解ったんですがパニック障害にかかったみたいで、これには参ってしまいました。大きなフロアに机を並べたようなところだったので視界をふせぐようなものはないので、毎日家に帰ればぐったりするほど神経を消耗するようになりました。周りの人にも理解されなく、居心地が悪くなるばかりでしかたがなくといったところでしょうか。それで少人数の小さい会社を選びました。

1年ほどは結構気楽にすごせましたが、今度は会社の経営不振で給料が出なくなってしまいました。

小さい会社ならその危険があるのはわかっていましたが、まさか自分にふりかかってくるなんて。。。周りの人はすぐ辞めてしまえなんていいますが、いざ自分に振りかかるとどうしたらいいかわからなく何もできないと思います。最終的には会社を辞めて同僚と一緒に裁判を起こしました。

労働基準監督署というものがありますが、ここはなんかしてくれるものではなく、まったく役にはたちません。裁判所にいったほうが一番早く済みますのでもし同じ境遇になってしまった方がいましたら裁判所にいった方がいいですよ、簡単ですし(笑)

しかも次の会社も同じように給料未払いになってしまいました。2社連続ですよ!!

本当についていないですね。(笑)

当時はITバブルがはじけた時だったので結構つぶれた会社も多いと思います。 余談ですが、最近引っ越したマンションの不動産屋さんも元々はIT業界にいて、だいたい同じ時期に会社がつぶれて不動産に転向したって言ってました(笑)
心の健康
ずらずらと自分の苦労体験を書きましたが、いまでもパニック障害はひきずっていて、苦労は続いています。

最近は集団自殺のニュースをよく聞きますが、自分自身は死にたいなんて思ったことはありません。地面を這いつくばってでも生きてやろうと思います。できればささやかでも幸せになりたいと思っています。

もし思いつめている方がいらっしゃいましたら、こんなのでもたくましく生きているんだから気にしないでっていいたいです。

なんか自分でもできることはないかなと思っていたら面白いものを見つけました。それはビジネス編にくわしく書いていますのでこちらを見てください。
体の健康
自分自身も20代後半になって体にガタがくるようになってきましたね。

なにが変わったというと食べたらすぐ太るということです。(笑)

プログラマーとかやっていると体を動かすことがあまりないのでとても不健康になってしまいがちですね。一人暮らしなので栄養もかたよりがちになるし、野菜を多くといっても料理はめんどうですね。てっとりばやいものはないかと思っていたらありました。

あのまずいで有名な青汁です(笑)

もともとは知り合いの社長さんから勧められたのが最初でしたが、初めて飲んだ時は、うえっまずっって感じでした。(笑)

でも2回目からはするするっと口に入っていきました。あれっ平気だ、しかもなんかうまいかも。。。なんて感じるようになってきました。不思議ですね。

青汁にはメラトニンという成分が多く含まれているというのも飲み続けている理由のひとつです。
メラトニンというのは、
活性酸素の退治
鎮静作用
免疫機能の向上
老化を抑える
ぐっすり眠れる
血圧を下げる
心拍数を減少させる
白内障の予防、回復
などなどいいことがいっぱいあるみたいです。
自分が一番いいなと思ったのが睡眠効果で睡眠障害になりがちだったので深い眠りが得られるのでいいですね。 ≪FANCL≫忙しいあなたの野菜不足解消は1日一杯の青汁で!

いろいろな健康法がありますが、一番なのはバランスの良い食事と適度な運動といった単純なものだと思います。とりあえず楽しく続くように実践していきたいですね。

IT-Engineer IT技術者プログラマーのための情報サイト TOPへ

IT-Engineer IT技術者のための情報サイト(1プログラマーによるプログラミング講座)
当サイトの無断転載・複製禁止
Copyright (C) IT-Engineer All rights reserved





プログラマーにはコーヒーが付き物。
手軽に飲むにしてもおいしいのがいいですね


自分も飲んでますがやっぱりインスタントよりうまいです。